オンライン・大人「水彩」

こんにちは! 先日のオンラインレッスンの様子をお伝えします(^ ^) 「面で捉える」捉え方を知りたいということで、前回、面で捉えるレッスンをいたしました。 それを踏まえて、最初は詳細度を下げて形を捉えていきました。 影を入れるときもお花の塊を意識していただきました。 固有色を入れて、描き込みのストロークもお花の面を意識して・・・ 完成です。美しい色合いですね!向こう側を向いている奥のお花の奥行きの表現も空間ができていて素晴らしいです! 水彩での立体感の表現がレベルアップしましたね(^ ^) 生徒さんにも「面で見えやすくなった」と言っていただけました! 水彩表現でも、面で捉える、塊で捉える、簡易図形で捉えていくと立体感をとらえ、それを表現できるようになります。 _______________________絵画教室あおでは、一対一のパーソナルレッスンですので、お一人お一人の目的に沿ったレッスンをカスタマイズできます(^ ^)初心者の方も安心してご相談ください。 *子供から大人まで、一人ひとりに寄り添うパーソナルオンラインレッスン水・木・金 10:00〜20:00開講中!公式LINEよりお気軽にご連絡ください(^^)絵画教室あお公式LINE↓ LINE Add Friend lin.ee 絵画教室あおHP […]

オンライン・大人「水彩・グリザイユ画法」

こんにちは! 前回水彩の色相環を作った生徒さん。 今日はまず最初にお水の調整をして、グラデーション作りの練習をしました。 簡単に図形を描いて、好きな色でグラデーションを作りました。 「お水が多すぎるかな?」と生徒さん。水彩はお水たっぷりで塗ると、水彩っぽいふんわりとしたぼかしの塗り方ができますので、お好みで大丈夫です(^ ^) 次にモンステラの葉っぱをグリザイユ画法で描きました。グリザイユ画法は、先に影だけを塗る方法です。 生徒さんが「影の色を作るのがむずかしい」と事前にお話されていたので、グリザイユは、色ではなく「形」に注目して描いていけるので、混色が苦手という方におすすめです。 影を塗ってから、固有色(見える色)を塗っていきます。 奥の葉っぱと手前の葉っぱの距離感がかき分けできていますね!生徒さんは「色が本当に難しい!」とのことでしたが、のびのびとした葉っぱにピッタリのみずみずしい色合いと塗り方だなと感じました。 どういう水彩を描きたいかにもよりますが、着地をどうしたいか?が作品作りには大事なのかなと私は考えます(^ ^) 生徒さんも「どういう絵を描きたいか?見つかるまで描いてみたいです!」と言ってくださいました✨ いろんな技法もお伝えしていきますので、自分の描きたい絵を見つけていきましょう! 次回は、先日子どもアートでやっていた恐竜が気になる!!とのことでしたので☺️恐竜を描きたいと思います。骨から恐竜を描く!大人もかなりハマりますよ〜! _______________________絵画教室あおでは、お一人お一人の目的に沿ったレッスンをカスタマイズできます(^ ^)初心者の方でも安心してご相談ください。 *子供から大人まで、一人ひとりに寄り添うパーソナルオンラインレッスン水・木・金 開講中!公式LINEよりお気軽にご連絡ください(^^)絵画教室あお公式LINE↓ LINE […]

オンライン・大人・水彩「色相環」

こんにちは!今日はご入会いただきました生徒さんの初レッスンの様子をお伝えします。 初心者なので、基礎から学びたい!ということで、水彩の色相環作りからスタートいたしました。 色相環とは、色の地図のようなものです。3色から混色をして色を作っていきます。中心に黒を作り、グレイッシュなトーンも作っていきます。黒を混ぜると暗い色になりますね。 講師の手元も見ながら一緒に色を作ってくださいました。 「絵の具を使うのは本当に久しぶりで、子供の頃以来です」と生徒さん。 色を混ぜながら「そういえば小学生の頃先生が絵の具の色をそのまま使うんじゃなくて、混ぜて塗るんだよって言っていたのを思い出しました!」と教えてくださいました(^ ^) 次に作った色で、カゲを塗っていくことをやってみました。これは、お水で絵の具を「薄く」する加減の練習、ぼかし、グラデーション作りの練習になります。 今回の水彩では、基本的には白色は使わず水分量を調節して濃淡を調整してペールトーン(薄い色調)を作っていきました。 お水の加減も、運筆もどうしたらいいのか?最初は戸惑いますよね。 正解はないのですが、基本的なことと、応用をお伝えしていきますので、 これからのレッスンを通してなんとなくこれが心地よいな、この感じ、好きだなというのを見つけて、ご自分に合った描き方を見つけていただけたらと思います。 生徒さんの水彩での目標は、スケッチをすることです。目標に向けて、課題を考えたり、ステップを踏んで上達できるよう尽力させていただきます(^ ^) また、お家でも練習したいとのことでしたので、いくつか復習になる水彩のワークをお伝えしました! 混色も、水加減も最初はなかなか難しいですが、やはり経験を重ねていくとコツを掴んでいけると思いますので、これからも一緒にたくさん描いていきましょう! 次回は、デッサンのレッスンの予定です。楽しみです(^ ^) _____________絵画教室あおでは、お一人お一人の目的に沿ったレッスンをカスタマイズできます(^ ^) […]

オンライン・大人「水彩・カーネーション」

こんにちは!夕方になると急に冷え込みますね。皆様体に気をつけてお過ごしくださいね。 水彩のレッスン、前回「にじみに癒された」と生徒さんがおっしゃってくださったので さらににじみを使った表現でお花を描くレッスンをいたしました。 まずはスケッチをしました。 今回は、線で捉えるのではなく、光やカゲ、形の面で見ていくことをお伝えしました。 お水をたっぷりと使ってにじみを重ねていきます。 にじみのポイントは水の量です。 カゲの部分、花びらが重なる部分を濃いめの色を置いていきます。 にじみをうまく調整しながらお花の形がかけましたね!!写真には写っていないのですが、下の方の影がとても綺麗でした!お花の香りとお部屋の空気感を感じる素敵な作品になったと思います(^ ^) 写実的な表現ではないかもしれませんが、ぼかしを使ってこういう表現もできます。いろんな描き方や技法を試してみて、ご自分に合ったものを見つけていただけたらと思います。 面で捉えるのが難しかった。と生徒さん。次回は形を捉えるレッスンをするよていです! *子供から大人まで、一人ひとりに寄り添うパーソナルオンラインレッスン水・木・金 開講中!公式LINEよりお気軽にご連絡ください(^^)絵画教室あお公式LINE↓ LINE Add Friendlin.ee 絵画教室あおHP – オンライン絵画教室あお月1回 […]

オンライン・大人「水彩・キイチゴの葉」

こんにちは! 本日の水彩のレッスンは、「ウエットインウエット」いわゆるぼかし、滲み、日本画でいうたらしこみの技法と、 「リフト」という技法のレッスンをいたしました。 ウエットインウエットとは、塗れている部分に絵の具を塗るとふわっと絵の具が広がり滲んでいく表現のことです。 水の量や、絵の具の入れ方で色々な表現ができます。 最初に色々と試していただきました☺️ ぼかしを楽しんだ後、少し乾いてきたかな?というところで「リフト」という技法もお伝えしました。 筆やティッシュを使い、塗った部分から絵の具を取ることをリフトと言います。 今回はこの、ウエットインウエットと、リフトを使ってキイチゴの葉を描きました☺️ キイチゴの葉のギザギザした部分や、葉の色が変わっていく感じなどをぼかしを使いながら表現していきました。 リフトを使い、葉脈の部分を表現してみました。 背景もぼかしを使って、ふわっと… 最初は思い通りにいかないにじみなのですが、その偶然性も美しいですし、慣れてくると、水の量や絵の具の量もわかってきて思い通りに表現ができるようになってきます。 生徒さんのお使いのスケッチブックの紙は、リフトがしにくかったようなのですが、葉脈が作る陰影の色の違いがよく観察されていて、緑の色相が美しいです! ギザギザの葉の部分の表現も滲みを使いつつ描き込まれています☺️ 「すごく楽しかったです。癒されるために習っているかも…」と生徒さん。 水彩の絵の具の広がっていく様子、色が混ざり合っていく様子はは本当に癒されますよね。 いい雰囲気の部分が生まれると心に木漏れ日が当たるような気持ちにもなります。 嬉しいお言葉をありがとうございました☺️次回も癒されつつ制作をしていきましょう! オンライン授業では、パーソナルレッスンですので、生徒さんお一人お一人の目的に合わせた課題、レッスンをご提案しております。 […]

オンライン・大人「水彩・鶏頭」

本日は、お花の水彩画のレッスンをいたしました。 前回までに、先にカゲを描く「グリザイユ画法」と「2つのものを描いて距離感を出す方法」をレッスンしました。 復習もしながら、グリザイユの影の色を変えてみる応用編にチャレンジしていただきました! まずは下絵から。 今回は「鶏頭」を描きます。 存在感があり、大きなお花なので、紙の大きさとのバランスも考えて、花瓶は描かずに上部のお花部分を中心に描くことにしました。 鶏頭のまあるい立体感、点前のお花と一つ奥の重なる部分の空気感がとても綺麗に表現されていますね!! また、生徒さんにも3原色で彩色をしていただいているのですが、とても的確な色作りができています👏 3原色で自由自在に色作りができると、好きな絵の具を使ったときに表現の幅がぐんと広がることと思いますので、しばらく使っていきましょう! モチーフが多くなっても、まずはピントを合わせるモチーフを決めてから描いていくと、光やカゲ、描き込みの描きわけを意識していく事ができます。 一個ずつ描き分けていくと、空気感や光が表現できます。 次回も基本+応用もしつつ制作をしていきましょう。 オンライン授業では、パーソナルレッスンですので、生徒さんお一人お一人の目的に合わせた課題、レッスンをご提案しております。 お問い合わせお気軽にどうぞ! *子供から大人まで、一人ひとりに寄り添うパーソナルオンラインレッスン 水・木・金 開講中!公式LINEよりお気軽にご連絡ください(^^) 絵画教室あお公式LINE↓ LINE Add […]

オンライン・大人「水彩(2つのモチーフ)」

こんにちは! オンラインでの水彩レッスンの様子をお伝えします(^^) 今回は、2つのモチーフで、距離感を出す。という課題で描いていきました。 距離感を出すには?形の取り方、着彩のポイントをお伝えして制作していきました。 普段クリエイティブなお仕事をされている生徒さん。さすがです👏ポイントをおさえて、距離感を出すことができています! 手前にピントがしっかり合うように表現できています。 手前のモチーフをガラス素材のものにしたので、「難しかった…!」と生徒さん。 ガラスの表情は本当に難しいですね…! 素材の書き分けについても、また別に機会を設けて取り組んでいきたいと思います。 オンライン授業では、パーソナルレッスンですので、生徒さんお一人お一人の目的に合わせた課題、レッスンをご提案しております。 お問い合わせお気軽にどうぞ! *子供から大人まで、一人ひとりに寄り添うパーソナルオンラインレッスン 水・木・金 開講中!公式LINEよりお気軽にご連絡ください(^^) 絵画教室あお公式LINE↓ LINE Add Friendlin.ee 体験、お問合せ、お待ちしております(^ ^)

大人「水彩・植物スケッチ」

こんにちは!水彩を制作したいとご希望の生徒さんにご入塾いただきました☺️どうぞよろしくお願いします。無料授業も兼ねて2コマ続けてのレッスンをいたしました。 「基本から学びたい」とご希望でしたので、 初回は三原色を使って色相環を作りました。 色相環とは、混色の地図になる図です。 3つの色で大体の色が作れますので、この混色をトレーニングしておくと色の配分が自由自在になります☺️ 次に3色から黒を作り 黒と他の色を混ぜて暗い色の色相も作りました。 水分量の調整でグラデーションを用いて幾何学図形を描きました。 2コマ目は、植物のスケッチをしました。 一緒に描きながら手順をお伝えしました。 いろいろな描き方はありますが、今回はグリザイユ画法というカゲを先に入れる描き方をいたしました。 カゲを入れるポイントをおさえると空気感や距離感を出すことができます。 基本的な静物着彩のアカデミックな描き方かなと思いますが、そこから生徒さんご自身の世界観を表現できるようレッスンをしていきたいと思います😊 次回は距離感を表現する、2つのものを描くレッスンの予定です✨ _______ 水彩レッスンの場合、色の基本や陰影の基本をお伝えしつつパーソナルレッスンで一緒に描きながら進めていきますので、講師の手元を見ながら生徒さんのペースで制作していただけます。____________________________*子供から大人まで、一人ひとりに寄り添うパーソナルオンラインレッスン水・木・金 開講中!公式LINEよりお気軽にご連絡ください(^^)絵画教室あお公式LINE↓ https://lin.ee/tPlgsl5