オンライン・大人「イラスト添削」

前回手の描き方をレッスンした生徒さん「イラストの添削をしてほしい」とリクエストをいただいたので、今日は、生徒さんのイラストを送っていただいて、添削をいたしました。 「手に違和感があって・・・」と生徒さん。 事前に送っていただいたイラストをもとに、実際に写真を撮ってみました。 実際に同じポーズをしてみると ・少し手の向きに無理がある?かも? ・カメラの位置を手に合わせるか?お顔に合わせるか? 違和感を感じてしまうかもしれない2つのポイントが見えてきました。 何をしている手なのか?手の位置、角度表現したい部分(テーマ)を見直して、カメラの位置を決めていくのが良いかもしれません。 カメラ位置を手に合わせる場合はアオリお顔に合わせる場合は俯瞰になりそうでした。 実際のお写真を生徒さんのキャラクターデザインに寄せるように操作しながら簡易図形(素体)で描いてみることにしました。画角が決まると、ての素体も描きやすくなってきます。 お話ししながら、生徒さんも一緒に描いてくださいました。筆が早い! 「いつも同じ画角で、癖で描いてしまうなと気づきました。」と言ってくださいました。せっかくなので、いつも書かないアオリの画角で描いて下さることに。 また最初に見せてくださった絵とは違った女性像で、素敵でした(^_^) 素体をもとに下書きをしたイラスト(講師作) ライティングの色合いも素敵でしたので、生徒さんの魅力的なハイライトの入れ方をもとに 逆光の場合のライティングのポイントを最後に少しだけお伝えしました。 生徒さんのキャラクターに寄せたデザインで描いてみました。(講師作) 同じポーズ、同じキャラクターでも、カメラの位置、トリミングのしかたで、見えてくる印象や情報が違ってきます。 伝えたいものによって描き分けられると表現の幅が広がってくるかと思います。 今回はカメラの話にフォーカスしましたが浮世絵や絵巻物なのどのように、マクロとミクロ、カメラ位置が混在する絵もあり、真実ではないけれど、違和感がないという場合もあります。それは見る側の見たいように魅せている絵=美と理想を表現している絵とも言えます。 […]

オンライン・大人体験「スマホで印刷の入稿用データを作る」

こんにちは!本日は、フォトショップは持ってないけれど、入稿用のデータをご自分で作ってみたいという方から相談を受けまして、 無料のスマホアプリでできる入稿データ作りをお伝えいたしました。 今回生徒さんが作りたい入稿データは、箔押しと空押し用の入稿データです。PSDデータか、aiデータを作らないといけません ・PSDデータであること・2階調化されていること・文字はラスタライズされていること など、初心者にとっては、??なことが多いです。 まずは、必要なデータがどういうものなのか、レイヤーやPSDデータとは?ということをお伝えしていきました。 生徒さんの作りたいデザインは決まっていましたので、 事前に伺ってその制作が可能な スマホでも使えるお絵描きアプリ アイビスペイントを使って制作してい苦ことに。 普段あまりこういう制作ソフトに慣れていないと、ボタンの意味や、どうしたらどうなるというのもわからないと思います。 実際にスマホで作業する講師の手元と、共有画面を見ながら一緒に作業をしていきました。 キャンバスサイズの作り方や、レイヤーの構成、画像の取り込み方など、生徒さんのペースに合わせてお伝えします。 実際に一度お一人でも制作していただきました。 いっしょに作業してできても、実際自分一人で制作してみると「?」なことが出てきます(^ ^) 確認しながら、もう一度制作することができました。 生徒さんのイメージしたデータを作ることができました。さらに入稿データにも使えるPSDデータで保存することもできました! スマホの画面での慣れない操作は大変だったかと思いますが、完成まで頑張ってくださいました。 オンラインでは、このような、デジタルアプリを使った制作フォトショップ・イラストレーター・Adobefresco・アイビスペイントなどの基本的な使い方のレッスンも可能です。 回数券でのレッスンも受け付けておりますので、ご相談ください。 […]

体験・大人・ループアニメ(Adobe Fresco)

■まばたきアニメーション・AdobeFresco 本日は、アニメーションについてのレッスンをしました。 基本的なアニメーションの考え方と、実際にまばたきのアニメーションを制作してみました。 アニメーションで大切なのは、「緩急」英語でeaseと言います。アニメや動画のソフトを触る人はイージーイーズとかイージーイーズインとかみたことがるのではないかな?と思います。 同じ速度で動くのか、急に動くのか、ゆっくりから早く。とか 動きのリズムをつけると「おや?」と目を引く動きが作れたりします。 ゲームのロード画面などをみていると、アニメーションが使われていたりしますが工夫されているのがわかります。 カートゥーンアニメなどは誇張された動きがとても魅力的ですよね。 緩急の他にも、重さや軽さ、質感を意識した動き、慣性の法則に沿った動きなど、いろんな動きがあるので、アニメを作る上での動きのヒントになるようなことをお話ししました。 今日は実際にまばたきのアニメーションを作りました。 どうやったら自然なまばたきに見えるか?お話しながらポイントをお伝えしました。 デジタルイラスト・アニメーションの体験では、 このように、アニメーションの基本を学び、実際にまばたきアニメを作ります。 本日はイラストを描けるアプリAdobe frescoを使って授業をしました。 Adobe frescoはAdobeにメールアドレスを登録する必要がありますが、無料で使用できます。 幅広い質感の絵が描け、今回のようにアニメーションも簡単にできるおすすめのアプリです。 Adobefrescoの公式HPはこちらから↓ https://www.adobe.com/jp/products/fresco.html […]

体験・高学年「自画像」(Adobefresco)

こんにちは! デジタルイラストが描けるアプリ、AdobeFrescoを使った 体験レッスンで制作した作品を後日完成させました!と作品を送ってきてくださったのでご報告いたします(^ ^) レッスンの様子はこちら↓ 体験/高学年「自画像」(adobefresco) 1回目 体験/高学年「自画像」(adobefresco) 2回目 使ったもの iPad・AdobeFresco(イラスト制作アプリ・メールアドレス登録が必要) レッスン中も、じっくりこだわって制作してくださった生徒さん。 なんと二種類も完成作品を送ってくださいました。 はっきりした線の作品です! このペンも何度も描いて決めたのでしょうね・・・! 一生懸命制作している様子が伝わってきます。 こちらは、レッスン中に使っていたブラシで仕上げた作品のようです! アナログ感がありますね。 お気に入りのお洋服も、可愛い模様でよく工夫できています。 レイヤーを分けたり、クリッピングマスクを使ったり、デジタルイラストならではの制作もチャレンジできましたね。 また一緒に制作できるのを楽しみにしています(^ ^) ありがとうございました! […]

体験/高学年「自画像」(AdobeFresco)

こんにちは! デジタルイラストが描けるアプリ、AdobeFrescoを使った 2回目の体験レッスンを受けていただきましたので、授業の様子をお伝えします。 前回のレッスンはこちら↓ 体験/高学年「自画像」(adobefresco) 使ったもの iPad・AdobeFresco(無料アプリ) 前回、アヒルちゃんの線描ができ、自分のお顔の線描の途中まで進めることができましたので、 顔と、体を描き進めていきました。 髪の毛はどこから生えていて、どんな流れで伸びているかな? 自分の写真を見ながら、写真もなぞって練習をしていた生徒さん。 可愛い髪の流れが描けましたね! 自由変形で微調整を繰り返す生徒さん! 細かいこだわりが感じられます。神は細部に宿る!納得いくまで「可愛さ」を追求しましょう 体が描け、手を描いているとき「うまく描けない〜」「どうしたらいいのかな?」と 手が止まってしまいました。 そこで、手の簡単な描き方をお伝えしました。 まずは観察が一番大切です。手の甲はどんな形かな? 今回は、台形のような簡単な形をもとに描くやり方で描いてみました。 ての指はどこから生えていて、どの指が一番長いかな? 観察しながら描いていきました。 […]